fc2ブログ

スウェーデンのcovid-19感染状況(12月5日アップデート)

 スウェーデンのcovid-19感染が話題になっているので、公的資料から現状をまとめてみた。次の表は毎週のPCR検査の結果を表している。左軸が人数/検査数で、下軸は週番号である。

図1 PCR検査の変化
 
スクリーンショット 2020-12-04 1


 まずスウェーデン政府は今までに何回か検査の対象を拡大しているので、単純に数字を比較することは出来ない。初期の頃はコロナ感染の疑いがあっても症状がないあるいは軽症の場合、検査を受けることが出来なかった。これは検査のキャパシティが十分ではなかったからである。その後キャパシティの増加により、医療職や介護職だけでなく、その他の職にも広げられた。公衆衛生庁は5月5日、「covid-19検査に関する国家戦略」を発表、そして政府は公衆衛生庁と県行政庁に対して検査拡充の確保を指示した。検査の実施主体は県であるので、県によって検査の進捗状況は若干異なる。
 上図からも分かるように、週23ぐらいから週28ぐらいまで検査人数は急増したが、その後減少した。しかし市民が夏の休暇から家庭に戻り、また学校の秋学期が始まる第36週ぐらいから、再び検査人数は急増した。週47(11月16日から22日まで)には検査人数はおよそ26万人まで増加した。

図2 週当たりの陽性者数の変化

スクリーンショット 2020-12-04 2


図3 日当たりの陽性者数の変化

スクリーンショット 2020-12-04 2a

(Development of reported confirmed cases: The diagram shows the number of reported, confirmed cases of corona disease (covid-19). These numbers are mainly determined by how many people are tested for the virus. The more people that are tested - the more cases of disease can be detected and reported. At the Swedish Public Health Agency, you can read more about which and how many are tested.)

 週当たりの新規陽性者数は週26から急減したが、その後9月上旬から増えている。週35には新規陽性件数は1329件であったが、週47には3万975人まで増えた(なお週41から検査の単位が件数から人数になった)。

図4 週当たりの陽性率の変化

スクリーンショット 2020-12-04 3


 週当たりの陽性率の変化を見てみると、今まで陽性率が一番大きかったのは4月の第2週で陽性率は19%であった。その後陽性率は徐々に減少し、週36には陽性率は1.2%まで減少した。しかしその後感染者の増加と共に陽性率も増加し、週46に陽性率は12.9%まで増加したが、週47には11.9%まで減っている。

図5 10万人当たりの年齢別陽性者数

スクリーンショット 2020-10-02-03

スクリーンショット 2020-12-04 4


 年齢別の10万人当たりの陽性率の変化を見てみると、70歳以上の高齢者は第16週まで急増し、その後対策が取られた結果、急減している。一方、第22週当たりから、他の年齢層、特に20-59歳における陽性者数および陽性率が増えた。これは特に医療、ケア関係者などに対する検査を強化した結果である。そして第26週当たりからはすべての年齢層において陽性率は急減したが、その中でも20-29歳の若者の陽性率が他の世代よりも大きい。第30週以降は一時的に減少した後、20歳から59歳までの広い年齢層の陽性率が増えている。なお週46から陽性率の伸びは若干穏やかになった。

 スウェーデンでは4月を中心として高齢者の感染者数および死亡数が多かった。次の図は高齢者住居(社会サービス法による認定にもとづいて入居)における週当たりの新規感染者数を表している。これを見ても分かるように第12週から第16週まで高齢者住居における新規感染者数は急増した。その後徐々に新規感染者数は減少したが、10月に入ってから陽性者数も増え、第47週では全国で702名の高齢者住居入居者が陽性であった(週46に比べて31%の増加である)。週16(4月中旬)には高齢者住居入居者のうちおよそ800名が陽性であったと報告されているが、当時は症状のある人すべてが検査されたわけではないので(検査のキャパシティが十分ではなかった)、直接当時の数字と現在の数字を比較する事はできない。

図6 高齢者住居における新規陽性者数

スクリーンショット 2020-12-04 5


 スウェーデンの戦略は医療崩壊をもたらす事なく、感染の拡大を防ぐ事で、医療資源の必要性の把握は非常に重要である。医療を運営している県自治体では非常事態に入り、病床、医療職員の確保に努めた。次の図はCovid-19による病院入院者の変化を表している(11月19日10時現在)。紅色は病院入院者、青色はICUのみ。4月から5月にかけて入院者は最大で、その後入院者数は急減している。11月19日現在のcovid-19関係の入院者(総入院者数であって新規入院者数ではない)は全国で1419名、ICUだけでは177名で、10月に入ってから入院患者は増えている。 なおDN誌の調査によると、12月4日現在、病院の入院者はあわせて1987人、このうちICUでは250名が入院している。

図7 covid-19入院者数(一般病床およびICU)

スクリーンショット 2020-11-20 11


 次の図はICUのコロナ患者の変化である。週当たりでは週15が一番多く、その後患者数は減少した。しかし週43あたりから新規ICU患者数が増え、週47では全国の新規ICU患者は141名である。今までにICUでのケアを受けたコロナ患者は3118名になる。週30から週43でのICUの新規コロナ患者は190名で、このうち死亡率は22%であった。この期間にICUから退院した患者の滞在日数の中央値は9日であったが、週10から週29では滞在日数の中央値は16日であった。ICUデータベースによると、年齢が生存率に大きく寄与している。40-59歳ではICUでの治療が始まってから30日後に患者の87-90%が生存しているが、80歳以上の男性では46%、女性では28%に急減する。
 
図8 ICUにおけるコロナ患者数

スクリーンショット 2020-12-04 7


 スウェーデンのコロナ戦略は外国で大きく話題になったが、その中でも特に気がついたのは死亡統計の数字が異なる事である。スウェーデンでは死亡日による死亡者統計が使われているが、外国のマスコミが使っているのは死亡日ではなく報告日による死亡統計が多い。スウェーデン放送の報道ページにその比較が載っていた。一つはよく知られている死亡日による死亡統計で、スウェーデンではおなじみである。二番目の表は報告日によるものである。この2つの統計が大きく異なる事が分かる(日本を含む外国メディアによる誤解の一つはこの死亡者統計である)。

図9 死亡者の変化(死亡日、報告日ごと)

スクリーンショット 2020-12-04 8a

(Development of reported deaths: This diagram shows the figure that the Swedish Public Health Agency reports every day and that most media report daily - how many new deaths have been reported to them in the last 24 hours. It does not place the deaths on the correct date, but thus shows how many new deaths have been reported on a given day (but most of them have occurred in previous days). There is a lag in reporting, especially during weekends - which means that the bars go up and down a lot.)

 スウェーデンの統計によれば、死亡者が多かったのは4月8日と15日でそれぞれ115名がなくなっている。以降、死亡者数は連続的に減少し、一日当たりの死亡者数は一人かゼロが続いていた。しかしその後感染増加の結果、死亡者数も増えている。公衆衛生庁の報告によれば、第47週までの死亡者数は6512人で、平均年齢は83歳(中央値84歳)、55%が男性、90%が70歳以上の高齢者である。なおcovid-19による死亡者数のうち44%が特別な住居(社会サービス法による高齢者住居)の居住者である。なお死亡統計には報告の遅滞が存在するので、直近1-2週間の数字は速報値である。
 corona-19に関連の死亡診断書の分析によれば、covid-19による直接の死亡者はおよそ15%で、70%は他の要因が死亡の直接的原因(corona-19は副次的要因)であった。また死亡者のうち45%が高齢者住居居住者である。なおある県における調査では、死亡者のうち90%は重度の持病を持っていたと報告されている。

図10 年齢別死亡者

スクリーンショット 2020-12-04 8b


 
 スウェーデンのコロナ戦略は、よく海外で言われているような「集団免疫戦略」ではなく、政府および公衆衛生庁は繰り返しこれを指摘していた。スウェーデンは先進国の中でも病院の病床が少ない事はよく知られている。このためコロナ戦略の核は医療破壊を招くことなく、感染を減らすことである。

図11 スウェーデンのコロナ戦略

スクリーンショット 2020-06-10


 具体的には病床数や職員などの医療資源を指すが、他の方法は病院での手術の中でも救急でない手術の延期である(これによって余った病床および職員をコロナ患者のために使う事が出来る)。全国の手術件数は第3週ぐらいから第11週ぐらいは平常体制であった。しかしその後covid-19患者用の病床を作り出すため、多くの手術が延期になった。これは第16週では70%の減少となって現れた。その後救急でない手術件数はマイナス50%前後まで復活したが、第25週からおよそ5-6週間再び救急でない手術件数は減っている。8月になってから手術件数は大きく改善されコロナ感染前と同じレベルまで回復したが、10月中旬から再びcovid-19患者増加のため医療資源の再配分が行われている。なお図13は救急の手術件数を表している。

図12 救急でない手術件数の変化

スクリーンショット 2020-12-04 10


図13 救急手術件数の変化

スクリーンショット 2020-12-04 11


図14 100万人当たりの死亡者の変化

 下段の数字は100万人当たりの死亡者数が一人を超えてからの日数。

スクリーンショット 2020-12-06


図15 各国の死亡者総数および10万人当たりの死亡者数(上位のみ)12月9日現在

スクリーンショット 2020-12-09


資料)Folkhälsomyndigheten(公衆衛生庁)、Veckorapport om covid-19, vecka 47(第47週の報告)、SIR=Svenska Intensivvårdsregistret(スウェーデンICUデータベース)、スウェーデン放送コロナ特集ページ(https://www.svt.se/datajournalistik/har-sprider-sig-coronaviruset/)など。

2020年12月5日アップデート。12月9日一部編集追加。

死亡日か報告日か

 外国メディアによるスウェーデンのコロナ死亡者数がスウェーデンで使われる数字と異なる事に、疑問を抱いていた。たとえば先日ある日本の番組でスウェーデンのコロナ対策が話題になった。コロナ関係で国際比較が行われる場合、Johns Hopkins大学の統計がよく使われる。この番組でもJohns Hopkins大学の数字が使われていたが、この統計では全般的にスウェーデンの死亡者数がスウェーデンで使われる数字よりも大きいのである。死亡者が最大なのは4月15日(?)185人と載っている。念のためJohns Hopkins大学のページで数字を確認した。確かに185人という数字が載っていた。また一見しておかしいのは曜日による違いが大きすぎることである(おかしいと思わなかったのであろうか)。

Johns Hopkins大学の統計(ある番組より)
スクリーンショット 2020-09-06 1


原因が分かった。以下の図表はスウェーデン放送の特別ページに載せてあった死亡日と報告日による「死亡者数」である。


スクリーンショット 2020-10-31 9


 上記の表はスウェーデンの正式な統計である公衆衛生庁による死亡者数で、これは死亡日ごとの数字である。死亡者数が最大なのは4月8日および15日115人である。公衆衛生庁の統計によれば1日の死亡者が100人を越すのは今までに4日である。
 最下の表は報告日による死亡数でありスウェーデンはほとんど使われないが、Johns Hopkins大学の統計では使われていた(先日Johns Hopkins大学の統計ページを確認すると、スウェーデンの数字は訂正されていた。しかしこの日だけなのか、全体的な訂正なのかは確認できなかった)。なお公衆衛生庁では直近の数字は暫定的であると注意している。日本を含む多くの外国メディアはJohns Hopkins大学の数字を引用することにより、報告日と死亡日を区別する事無く記事を書いたように思われる。

2020年11月4日上記の表を新しいものに入れ替え。

covid-19に関する政府広報動画(英語)

Health and medical care during the COVID-19 pandemic
Swedish experiences during the #COVID19 pandemic: Minister for Health and Social Affairs, and Olivia Wigzell, Director General The National Board of Health and Welfare, talks about the Government’s overarching goal to safeguard people’s lives and health and to ensure health system capacity.

Social distancing and adapting society during the COVID-19 pandemic
Swedish experiences during the #COVID19 pandemic: The pandemic has had a huge impact on the whole world. Listen to Johan Carlsson, M.D., Ph.D. Director General of the Public Health Agency, to learn more about Sweden´s strategy, risk group protection and social distancing.

Care of older people during the COVID-19 pandemic
Swedish experiences during the #COVID19 pandemic: A large quantity of deaths have occured in elderly care facilities all over Europe. “We will continue to implement measures to improve results and increase care quality” says Olivia Wigzell, Director General, The National Board of Health and Welfare.

Strategy in response to the COVID-19 pandemi(スウェーデン政府が4月6日に発表)

Strategy in response to the COVID-19 pandemic
Published 06 April 2020

The COVID-19 pandemic is testing our society. In recent weeks, the Swedish Government has presented a range of different measures to safeguard people’s lives, health and jobs.

“This crisis will continue for a long time. It will be tough. But our society is strong. If everyone takes their responsibility, together we will overcome it,” says Prime Minister Stefan Löfven.

On 1 February, the Government classified COVID-19 as a disease that constitutes a danger to society, opening the possibility of extraordinary communicable disease control measures.

The overall objective of the Government’s efforts is to reduce the pace of the COVID-19 virus’s spread: to ‘flatten the curve’ so that large numbers of people do not become ill at the same time.

It is important to implement the right measure at the right time, to achieve the best possible impact. The Government will take every decision necessary to safeguard people’s lives, health and jobs.

The measures taken by the Government and government agencies to reduce the pace of the virus’s spread need to be weighed against their effects on society and public health in general. The measures taken are reviewed constantly as the situation develops.

An important starting point is careful consideration of the expert knowledge contributed by government agencies. These expert agencies can make recommendations to the Government on the measures they consider should be taken, but they can also take decisions of their own.

“Our government agencies and our health care system are doing everything they can. But every person in Sweden needs to take individual responsibility. If everyone takes responsibility, we can keep the spread of the virus in check. Follow the authorities’ advice: if you have even the slightest symptoms, do not go to work and refrain from meeting other people,” says Mr Löfven.

People in Sweden have a high level of trust in government agencies. This means that a large proportion of people follow government agencies’ advice. In the current situation, people in Sweden are on the whole acting responsibly to reduce the spread of infection by, for example, restricting their social contacts.

This crisis may continue for a long time, and in order for the measures to work over time, people need to understand and accept them.

The efforts and decisions of the Government aim to:
1. Limit the spread of infection in the country
By limiting the spread of the virus, the Government aims to relieve pressure on the health care system and protect people’s lives, health and jobs.

2. Ensure that health and medical care resources are available
The Government aims to ensure that the municipalities and regions, which provide the health care, have all necessary resources. For this reason, central government will cover all extraordinary costs arising as a result of the pandemic, e.g. higher costs for additional staff and protective equipment.

3. Limit the impact on critical services
To ensure that society can continue to function, the Government monitors needs and takes the decisions required to ensure that the health care, police, energy supply, communications, transport and food supply systems, for example, can maintain their activities.

4. Alleviate the impact on people and businesse
The Government has presented crisis packages to mitigate the financial impact of the pandemic on Swedish businesses, organisations and agencies, and to save people’s jobs and livings.

5. Ease concern
By continuously providing information, the Government aims to make it clear what measures are being taken, and why. The Government broadcasts important information live on its website, regeringen.se. Written information about the Government’s efforts, measures and decisions is also available there.

6. Implement the right measures at the right time
The Government is monitoring developments in the COVID-19 pandemic closely. It is taking the decisions that are needed, when they are needed, to limit the spread of the virus and counter its impact on society.

なお他に英語での情報として、公衆衛生庁のホームページがある。
FAQ about COVID-19

スウェーデンのコロナ感染対策に関する誤解 個人的覚え書き

 スウェーデンのコロナ感染対策は、日本のマスコミだけではなく英語圏のマスコミにおいても誤解あるいはフェイクが少なくない。スウェーデンの対外広報を担当するSwedish Instituteは、すでに4月8日13の言語圏(日本は含まれていない)におけるスウェーデンに関するマスコミ情報などを分析、公表した。そしてこれには次のような文章が書かれている。
「There are misunderstandings about Sweden's strategy, both that it is primarily aimed at creating herd immunity but also that there would be economic motives for Sweden's actions」

「集団免疫戦略」
 いわゆる「集団免疫戦略」は公衆衛生庁の国家感染官Tegnell氏や政府首脳によって否定されているが、現在でも英語誌や日本のニュースにあたかもこれが真実のように報道されている。ただし公衆衛生庁は抗体検査などの調査をしているので、これに関する発表などもある。そしてこの結果を参考にするということが、あたかもこれが目的のように取られたのではないか。あるいは高齢者住居における死亡の多さが、「集団免疫戦略」の結果(あるいは目的)としてリンクづけられたのではないか。あるいはロックダウンに対する「戦略」として、二者択一のように思われているのではないか。
 「集団免疫」とは多数の人々が免疫を持つことにより、病気の拡大は収まるか緩やかなものとなると考えられている。日本語の記事を含めて「スウェーデンの集団免疫戦略」という言葉を使っている記事を一部読んでみたが、情報源はもちろんの事、具体的な説明もされていない。たとえば、ニューズウィーク日本語版5月8日には、「ウイルスにさらされる人を増やして「集団免疫」を獲得し、感染拡大の第2波を防ぐというのが彼らの戦略だ」と書かれている。初めて聞く説である。
 「スウェーデンの集団免疫戦略」とは集団免疫ができるまでcovid-19の拡散を防ぐのではなく、反対に集団免疫ができるまで拡散させる「戦略」という意味に使われているのだろうか。これはすでに公表されている政府戦略と相反するものである(そもそも政府の戦略は外国のマスコミによってあまり紹介されていない)。ロックアウトをしていない事がなぜか「集団免疫戦略」としてリンクづけられ、事実関係を調べる事無く言葉が一人歩きしているのではないか。

 DN誌の医療レポーターであるAmina Manzoor氏は5月15日の記事で以下のように述べている。google訳。
「The word flock immunity has almost become a scapegoat during this pandemic. It has, for example, been used by Trump (he really just said "the flock") to show that the Swedish strategy without hard shutdowns is a failure and that one is sacrificing individuals to achieve the flock immunity.
He is not the only one who has misunderstood this. The Public Health Authority and the government have repeatedly denied that flock immunity would be Sweden's strategy. Instead, the Swedish corona strategy focuses on leveling the curve and reducing, but not completely stopping, the rate of spread of infection - albeit not to the same extent as most other affected countries. A side effect of the strategy is that with a large proportion of infected people in society can reach the limit of herd immunity. Government officials have repeatedly talked positively about flock immunity, which may have contributed to the confusion.」

ロックダウンなし
 スウェーデンがロックダウンをしていない事も常に話題になっている。「スウェーデンのノーガード戦略」、「寛容な対策」という言葉を使っているマスコミもあり、スウェーデンがなぜロックダウンをしていないかおよびその代わりにどの様な対策を取っているかに関して十分な分析がされていない。
 スウェーデンがロックダウンと言う手法を使わなかったのにはいくつかの理由がある。1.ロックダウンは市民の移動の自由を禁止するため、十分な法的根拠が必要である。しかしスウェーデンにはそれを可能とするための法律がない。2.感染対策は長期にわたると考えられているが、ロックダウンのような対策は長期的には機能しない。その代わり感染状況に応じた細かな助言、勧告、規制を決めている。政府は4月18日には「感染予防のため一時的制限法(prop/19/155)」を公布している(6月30日までの時限立法)。一言で言えば、国会の決議なしに一時的制限法を導入できる権限を政府に与えた(この法律による決定は公布後に国会に事後報告を行う)。これによって政府は交通機関の使用禁止、レストランなどの業務停止などを含む6種類の命令を出すことが出来るようになった。政府の意図は、さらに悪化した場合に備えて法律面での準備をしておくことである。確かにスウェーデンは他の国のようなロックダウンはしていないが、不用不急の旅行の自制、三密の回避などの要請を行い、多くの国民はそれに従っている。これは携帯電話の位置情報の分析からも分かっている。また三密を避けるための条例はすでに公衆衛生庁によって公布され、たとえばストックホルム県では21ヵ所のレストラン/バーなどが業務停止命令を受けた(その後このうち19ヵ所では改善後に再オープンしている)。日本ではこれらの背景および考え方は全く報道されていないようである(学校閉鎖も同じ問題である)。
 なお「都市封鎖をしなかったのは経済を優先した結果である」という表現が一部のマスコミで使われているが、これも誤解である。「covid-19対策は長期化する事が考えられ、このために社会経済は機能しなければならない」と言う考え方で、経済を感染防止よりも優遇するという事ではない。感染防止が一番大事な対策である事に変わりは無い。

スウェーデンの戦略
スクリーンショット 2020-06-10


 ではスウェーデンの「戦略」はどうなっているのであろうか。まず公衆衛生庁や政府が戦略を説明する時に必ず使われる図がある。図の縦軸はコロナ疾患の件数、横軸は時間、点線は医療の病床数である。橙色は医療の病床以上にコロナ感染が広がり、いわゆる医療崩壊を表す。青色はスウェーデンの戦略で、医療崩壊を起こすことなく、感染の拡大を引き延ばすことを表している。これがスウェーデンの戦略である。この図はスウェーデンでは有名でありながら、英語圏や日本語圏におけるコロナ感染ニュースでは見た事がない(もちろん見落としたという事は考えられるので、100%否定をするものではない)。不思議な話である(政府資料を調べていない証拠?)。

報道は正確か?
 公衆衛生庁、社会庁および市民防衛庁などは毎日現状についての共同ブリーフィングを行っていた(現在は週に2回)。公衆衛生の専門家として参加しているのはTegnell氏などの公衆衛生庁の疫学者である(現在の公衆衛生庁は以前の公衆衛生庁と感染予防研究所が統合されたもので、Tegnell氏は感染予防研究所の所長であった)。
 日本を含む外国の報道には誤解あるいはフェイクが少なくないと書いたが、いくつかの例を挙げる。6月3日、スウェーデンラジオ放送はTegnell氏にインタビューを行い、放送した。この内容が外国メディアでも大きく話題になったが、内容は不正確であった。6月4日、BBC日本語版は「スウェーデン、ロックダウンせず「多くの死者出た」 政府疫学者」という記事を公表した。この中で、BBCは「新型コロナウイルスの感染症(COVID-19)対策を指揮してきたアンデシュ・テグネル博士は3日、厳格なロックダウン(都市封鎖)を敷かないという判断によって同国で想定より多くの死者が出たと認めた」
 これはフェイクである。前日のインタビューにおいてTegnell氏はそんなことは言っていない。
「- Should we encounter the same disease, with exactly what we know about it today, I think we would land in doing midway between what Sweden did and what the rest of the world did.」
 Tegnell氏が言ったのは、上記の言葉(google翻訳)で、前半分を略して、あたかも間違いを認めたかのようにmistakeという言葉を使ったかのように書いているマスコミも多い(NHKニュースでも、前半分を略してミスを認めたような書き方をしている)。

 インタビューの最後で、Tegnell氏はロックアウトではなく段階的な対策を取る理由について重要なことを言っている。
「- Actually, all countries have thrown everything in right away. Sweden is one of the few countries that has worked up a stop more and more. All other countries started with the huge lot at once, and the problem with that is that you don't really know which of the measures you have taken has the best effect. We may know that now when you start taking action off one by one, and then maybe we will get some kind of lesson about what else, besides what we did, you could do without driving the total shutdown.」Google訳

統計をどう読むか。
 6月15日のニューズウィーク日本語版に、「スウェーデンの新型コロナ感染者数が1日最多に、死亡率も世界屈指」という記事があり、次のように書かれている。「スウェーデン政府の公衆衛生局は6月11日、1日あたりの新型コロナウイルス感染確認者数が過去最高の1474人になったと明らかにした。」当日のブリーフィングでは、確かにこの数字は上げられているが、直近の数字は死亡者数と同じく暫定的なものなので、注意深く判断しなければならないと何回も指摘されてきた。
 下記の表は公衆衛生庁の同様の図である。これを見てもわかるように陽性者数は日によって大きく異なり、金曜日から月曜日には大きく減少している。これは主に軽度の人やケア職員に対する検査が大きく拡充されたことによる(このため毎日の表よりも毎週の表の方が見やすい)。

スクリーンショット 2020-06-30


 同様にして、6月23日のニューズウィークには、「スウェーデンが「集団免疫戦略」を後悔? 感染率、死亡率で世界最悪レベル」という記事がある。<人口100万人当たりで換算すると、感染者数も死者数もアメリカと並んで世界屈指の惨状>という副タイトルに続き、「新型コロナウイルス対策でロックダウン(都市封鎖)を行わず、集団免疫戦略を取るスウェーデンで6月17日、約1カ月ぶりに1日の死者が100人を超えた。19日時点で感染者数は5万6043人、死者数は5053人に上る」
 死者数5053人は正しいが、100人の死者というのはどこからの引用なのだろうか。6月17日の死亡者数は後日、33名と判明している。欧米のマスコミが引用するのはジョンズ・ホプキンズ大学のデータベースからの引用が多いが、少なくともこのデータベースで使われていたのは死亡日ではなく報告があった日である。このため33名が100名なっていたのである。(少なくとも私が知る限り、訂正記事は出ていない)。そしてこれらの記事は情報の正確さを調べる事無く、日本のマスコミでも引用された。同様にして感染率も比較には注意が必要である。感染率は国の検査方針に大きく依存し、積極的に検査を行えば感染者は増える。これだけフェイク記事あるいは不正確な記事が続くと、どの様な背景があるのかと疑いたくなる。

なぜ誤解あるいは拡大解釈が多いか。
 スウェーデンに特派員を置いているマスコミは少ないため、スウェーデンに関しては昔から誤解が多かったように思える。今回は特にスウェーデンに関する話題が時期的に集中したので、これが余計目につく。かなり思い込みで書かれている記事が多いように思える。科学的分析ではないが、理由を考えてみた。
1.今回の報道を見てあるいは読んで事実確認が不十分であると思われることが何回もあった。コロナ感染により移動が制限され、スウェーデンに来て取材をする事が困難になった。しかし公衆衛生庁などは毎日マスコミ用のブリーフィングをし、その記録もYoutubeにアップされている。残念ながらスウェーデン語であるが、ブリーフィングには海外からの参加も可能で、英語で事実確認をする事ができる。日本メディアで直接事実確認をした事があったであろうか。このため報道は英語圏あるいは通信社の情報がメインになり、情報の正確さ、妥当性を調べる事無く、単純なコピーになりやすい(なおこの場合も正確に引用先/情報源が書かれていない事が多く、内容のチェックが難しくなる)
2.特にインタビュー記事などでは元の記事などにおける一つの文章を引用するのではなく、文章の一部が引用される事が多い。これによってインタビューにおける文の関連、流れが削がれ、前後の関連が失われる場合もある。マスコミは読者の興味をひくため、刺激的なタイトルを好む傾向にある。これがさらに誤解を増やしている。
3. スウェーデン語から英語そして日本語と訳される場合に、文章のニュアンスが失われたり、誤解、不正確な情報の再生産が行われる危険性が増える。日本のマスコミにスウェーデン語で取材をするべきだとまでは言わないが、少なくとも英語で第一情報源に対して取材はするべきではなかろうか。ただ最近、スウェーデン在住の人が書いた記事を見る機会が増え、情報の正確さという点から改善されている事を付け加えておく。

2020年12月6日編集追記。

政治家の育休休暇

 小泉氏の育休が話題になっているようであるが、議論の仕方に違和感がある。丁度、こんな記事があった。
 スウェーデンではどうか調べてみた。まず大臣および国会議員は24時間、365日、それぞれの職務に就いていると考えられ、国会が閉会中もその職務を行う。大臣は他の労働者と同じように雇用されているのではないため、社会保険法典は直接適用できない。また大臣という性格から、長期的に休むことは困難であり適当ではない。
 首相が憲法に従い内閣の役割分担などの権限を持っており、大臣が病気になった場合、他の大臣が代わりを務めるか新しい大臣を任命する。大臣が育児などで休む場合もほぼ同じ扱いである。一般的には休職が1ヶ月以上になれば、新しい大臣を選ぶことが多いようである。
 大臣が休むことを首相が認めた場合、給与は10%減給される(国会議員および国会に勤務している者が育休を取る場合、社会保険庁から80%、国会事務局から10%、あわせて90%保障される。大臣の場合もこれと同じように考えられているが、政府が90%保障する。ただし大臣という性格上、親保険の対象とは考えられていない)。なお国会議員には各党とも補欠要員という制度があり、議員が何らかの理由で1ヶ月以上欠席する場合、議員の代わりを務める。
 スウェーデンでは、大臣が育児のために長期的に休んだというのはないと思う。長くても数週間ではないかと思う(多分この時も仕事量を減らすという形であったと思う)。なお前の外務大臣が社会大臣だった時に育児のために勤務場所をストックホルムではなく、地元の市に移したことがある。
 最近、労働省の政務次官が育児休暇で8ヶ月間休むため、代わりの政務次官が任命された(本来の政務次官は8ヶ月後に職に戻る)。育児休暇中の仕事をどう配分するかは雇用主が決めることであるが、普通は雇用主が臨時雇用として職員を募集する。
 日本でよく話題になる育児休暇を取ったら同僚に迷惑がかかるという考え方は、スウェーデンにはない。一つは育児休暇は権利であること、第二に育児休暇中の仕事の配分は会社あるいは上司の管理能力の問題であると考えられる(育児休暇中は社会保険から手当が出るが、会社の直接の負担はない)。
プロフィール

Taro

Author:Taro
OKUMURA CONSULTING社代表
Sweden

スウェーデンの社会政策などを日本に紹介する仕事をしています。
詳しいプロフィール

カウンター
検索フォーム
カレンダー
09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク