スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会保障費の削減?

ある記事にスウェーデンの社会保障費が1990年代に削減されたと載っていた。初耳だったので、OECDの統計を調べてみた(最近以外は5年おき)。
まず、名目価格でも実質価格でもスウェーデンの社会保障費は減少していない。次にGDP比の社会保障率を調べてみた。税率にしろ社会保障率にしろGDP比の数字は注意して比較する必要がある。GDP比であるので、社会保障費が減らなくてもGDPの成長率が社会保障費の成長率より低ければ、GDP比の社会保障率は高くなる。これに相当するのが、スウェーデンの1990年代初頭である(特に1991年から1993年までマイナス成長であった)。OECD統計によると社会保障率は1995年に32%になって以来、2000年には28%に減少している。あたかも社会保障費が減少したかのような錯覚を与えるが、スウェーデンは90年代初頭経済危機を迎え、経済成長がマイナスであった年もあった。この結果、社会保障率は増加する。そして危機が去ると、社会保障率は普通の状態に戻るので、表面的には社会保障率が減少したように見える。これは2010年代にも言えることである。
なお生活保護、失業給付、傷病給付などの給付を受けている人数や医療費などのそれぞれの費用は話題になるが、社会保障費という形で総額はあまり話題にならない(スウェーデンの社会保障費は統計庁から毎年公表される)。

なお一部の給付制度が厳格化されたことおよび2000年代後半には減税により負担率が減少したことは事実である。
スポンサーサイト

「帰らざる日のために」


「帰らざる日のために」は、1974年に放映された青春学園ドラマ「われら青春!」の主題歌であった。

「帰らざる日のために」
作詞:山川啓介 作曲:いずみたく 編曲:森岡賢一郎
歌:いずみたくシンガーズ



キャンディーズもアルバム『なみだの季節』(1974年)でカバーしている。


プロフィール

Taro

Author:Taro
OKUMURA CONSULTING社代表
Sweden

スウェーデンの社会政策などを日本に紹介する仕事をしています。
詳しいプロフィール

カウンター
検索フォーム
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。