社会保障番号の漏洩と個人情報の漏洩

今年10月のマイナンバー制度の導入により、漏洩問題が再び議論されている。日本の議論は以前からフォローしているが、議論のすり替えが少なくない。アメリカや韓国での状況が良く話題になるが、漏洩のプロセスがはっきりわからないことが多かった。ASAHI パソコンに社会保障番号の漏洩問題が載っている。「いったん社会保障番号が漏れれば、個人情報が丸裸になってしまうのだ」と書くのは、三流週刊誌のような書き方である。

多くの場合、問題は番号の漏洩自体ではなく、個人情報の漏洩が問題なのである(もちろん社会保障番号あるいはマイナンバー自体が漏れないようにすることは大事である)。たとえば社会保障番号の漏洩によるクレジットカードの不正収得は、番号の漏洩が問題なのではなく、カード収得における個人認証の不十分さが問題である。つまり他人の社会保障番号で、なぜカードを作ることが出来たか、どの様にして本人確認が行われたか、肝心の確認プロセスが不明である。日本でも以前から問題になっていたが、マイナンバーを使ってどの様にして個人認証を強化するかが問題なのである。しかしトレンドマイクロ社のスペシャリストがこの程度の議論レベルとは驚いた。

スウェーデンでもカードの不正収得事件は存在する。カードは住民登録された住所に送られてくるので、不正拾得者は本人宛の郵便を見張り、盗まなければならない。偽造カードの作成もあり得るが、これは社会保障番号の漏洩ではなく、カード情報の漏洩である(特にカード番号とカードの裏に書かれたセキュリティ番号の漏洩)。スウェーデンではクレジットカードか身分証明書の偽造であることが多い。少なくとも行政機関などの個人情報あるいは医療情報の漏洩は聞いたことがない。銀行や民間保険会社の個人情報の漏洩も聞かない。

確定申告

昨日5月4日は確定申告の最終日であった。私は前日にインターネットで申告した。インターネットでの申告は前から行われていたが、以前は使わなかった。私の場合は個人営業なので、提出書類が増えると言うことと、カードを使っての認証がうまく機能しなかった(パソコンがマックのためか?)。最近、携帯電話を使っての認証方法が普及し、このため認証が非常に便利になった。携帯電話でBANK IDというアップを立ち上げておき、パソコンでアクセスするページに個人番号を入力する。そうすれば携帯電話のアップが反応し、アクセスの認証欄が現れる。自分の認証番号を記入すると、パソコン画面でのアクセスが可能になる。以前のようにカードを使う必要がない。

まず、個人営業主としての業務の会計簿を作成しておく。そして国税庁のホームページに個人番号を使ってアクセスする。もちろん認証方法は上記の通りである。申告の画面に移ると、すでに銀行、社会保険庁などからの必要な数字などはインプットされている。なおこれらの数字などは各機関から国税庁と本人に送られ、国税庁から送られてくる申告用紙に記入されている。社会保険庁からの情報は前年度の支払額と源泉徴収額である。銀行からの情報は利子などの額である。預金額などは報告されない(財産税が廃止されたため)。私は少し投資信託を持っているので、投資信託からの利益もすでに記入されている(信託機関が国税庁に報告)。
個人営業主としては別の付属書類に基本的な会計報告を行う。そうすれば、この業務からの利益が自動的に個人の確定申告欄に入力される。必要な数字の記入が終われば、クリックして送付する。これによって送付した数字をふくんだ確認書がPDFでダウンロードできる。確かに申告したという証明のためにこのPDFをダウンロードしておく。

日本でも個人番号の使用が話題になっているが、このように雇用主(雇用されていれば)、社会保険庁、銀行などからの情報が国税庁にすでに報告され、確定申告書に記入されているということが大きな利点である。もちろんすでに記入されている数字に誤りがあれば訂正する。なおこれらの数字はすべて外部には秘密であって、公開されるものではない。
プロフィール

Taro

Author:Taro
OKUMURA CONSULTING社代表
Sweden

スウェーデンの社会政策などを日本に紹介する仕事をしています。
詳しいプロフィール

カウンター
検索フォーム
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク