強制入院および強制保護

ニュージーランド人男性の死亡が各マスメディアで話題になっているようです。スウェーデンの状況を少し調べてみました。
1.すべての医療および福祉は自由意志に基づくこと。
2.医療および福祉分野で措置入院あるいは措置保護が必用な場合は、特別法の適用を受ける。
3.精神医療では、司法精神法(LRV)および措置入院法(LPT=lagen om psykiatrisk tvångsvård)があり、どちらかの法律の適用を受ける。措置を決定するのは前者では主に裁判所、後者は精神科の担当医である。
4.これらの法律によらない強制入院は違法である。
5.措置入院はLPT法以外に社会庁令(SOSFS2008:18)によって規定され、社会庁からは法運用のためのハンドブックが発行されている。
6. 措置入院は医療機関への訪問から24時間以内に診断の決定がされなければならない。4日より古い診断による措置入院は認められない。
7.自傷あるいは他人を傷つける緊急の危険性がある場合は、拘束することが出来る。拘束中、職員が常にそばにいなければならない。拘束は患者に対する罰であってはならない。職員不足は拘束を行う理由にはならない。
8.明らかに4時間以上の拘束が必用な場合は、その決定を行う医師自身が診断しなければならない。そしてこの決定は理由とともに医療福祉監査庁に報告しなければならない。短い時間拘束を外しても、4時間の制限は有効である(遅くとも4時間以内に拘束の必要性を再度判断しなければならない)。拘束は72時間ごとに必要性のチェックを行い、毎回医療福祉監査庁に報告される。
9.これらの決定、継続的な実施状況はカルテに記入されなければならない。
10. チーフドクターの責任において、ケア計画を作成しなければならない。

マリア法

 福祉分野のサラ法と同じく、医療においても報告システムが存在する。医療事故あるいは手順違反などを医療福祉監査庁へ報告する規則が、いわゆるマリア法である。
 1936年8月、ストックホルムにあるマリア病院で麻酔剤と消毒剤を取り違え、4名の患者が死亡した。この結果、医療事故などを監督官庁に報告する制度が1937年から出来た。一般的にはマリア法(Lex Maria)と呼ばれているが、独立した法律ではなく関係法の一部をなしてきた。現在、患者安全法に報告の義務が明記されている。

「医療において、患者が重大な事故か病気に遭うか、そのような危険を負ったならば、ケアの供給者はこれを医療福祉監査庁に報告しなければならない。------」

 さらに職員の報告の義務が定められている。
「医療職員に属するものは、医療を受けた際に患者が重大な事故か病気に遭うか、そのような危険を負ったならば、ケアの供給者に報告しなければならない」

 この法律の運用ガイドラインとして、「マリア法による報告義務に関するガイドライン(SOSFS 2005:28)」が社会庁より施行されている。マリア法の目的は、客観的な調査を行って同じような事故がふたたび起こらないようにその経験を普及させることと、患者および家族になぜ、そのような事故が起こったかを知らしめることである。対象はあくまでも避けることが出来た重大な事故か重大な病気である。ガイドラインにおいては、社会庁への報告の義務がある例が挙げられている。患者にとって重大な影響を及ぼした転倒事故、処方の間違い、処方量の間違い、医療事故、間違った医療情報、不適当な医療指示、医療機器の間違った使用、保全、感染、組織内あるいは組織間の協力における手順違反などで、2006年からはさらに退院から4週間以内の自殺も報告に含まれるようになった。

医療福祉監査庁

 2013年に医療および福祉関係の監査機関が統合され、医療福祉監査庁(IVO)が設立された。今まで福祉関係の監査は政府機関である県行政庁が行い、医療の監査は社会庁が行っていた。しかし90年代から監査は別の組織にするべきだという意見が大きくなり、また監査組織が二つに分かれているのは非効率だと批判された。この結果、この二つの監査組織を別組織として統合することに合意が得られ関係法案が国会で議決された。
 医療福祉監査庁の業務は医療および福祉分野における業務監査、職員監査、分析、許可業務および不服の取り扱いであり、これらの分野におけるデータベースの管理も行っている。
 医療福祉監査庁は6箇所に地方事務所が多かれ、ストックホルムに本部が設けられている。職員数はおよそ630名、平均年齢50歳、職種的には監査官、調査官、法律家などである。なおこれらの職員は主に社会庁などから移ったので、公務員の総数が増えたわけではない。
 その地域における案件は原則地方事務所が取り扱うが、地方事務所ごとの案件が少ない分野あるいは全国的な観点から取り扱った方が良いと思われる場合は本部が取り扱っている。

日本訪問2017年5月 後編


5月15日、いつも京都では宿が取れないので、米原に泊まる。今回の京都訪問の目的はある大学での講演である。 三回の講演を行い、二回は学生向けの「スウェーデンの社会保障」、後の一回は研究者向けの「スウェーデンの高齢者ケア」であった。

49.jpg

5月16日、残念ながら清水寺は改築中であった

41.jpg

カギ氷はまだ早かったが、さっそく抹茶アイスを

42.jpg

清水寺の近くを散策

43.jpg

44.jpg

話題の立て看板

旅行客が多いにもかかわらず、一時的に休憩できるベンチなどがほとんどない所があったのが気になった。

46.jpg

5月19日、平安神宮へ

50.jpg

市内をぶらぶらと。喫煙所を設けるのはいいアイデアだが、ゴミ箱がないためゴミが散らかっている(置かれている)

51.jpg

5月20日、金沢に移動

52.jpg

5月21日、今日は白川郷まで

53.jpg

白川郷のバスセンターにて。ゴミ箱がないため、ゴミが捨てられている(置かれている)

54.jpg

5月22日、金沢市内を散策

55.jpg

57.jpg

58.jpg

5月23日、名古屋行きの列車内にて

60.jpg

61.jpg

名古屋は変質者や痴漢が多いのか?

59.jpg

5月24日、犬山市

62.jpg

イチゴのソフトクリーム

63.jpg

5月25日、大阪まで足を伸ばして、海遊館へ

65.jpg

5月27日、東京に戻り、知りあいと居酒屋へ

67.jpg

5月30日、岡山に移動。これが最後の移動になる。

5月31日、今日は後楽園と姫路城へ

70.jpg

69.jpg

71.jpg

73.jpg

6月1日、今日は愛媛の松山へ移動

岡山駅にて。上げ底の飲み物、氷が3分の1も入っていて、多過ぎはしないか(スウェーデンでもよくある)

74.jpg

75.jpg

岡山といえば、桃太郎

76.jpg

6月2日、道後温泉のからくり時計

77.jpg

6月3日、東京に戻る

東京の清澄庭園

78.jpg

6月8日、帰りはスーツケースが二つ(+リュックサック)。スーツケースの重量は合わせて43キロであった。

1 (1)

成田からヘルシンキ経由で帰国

79.jpg

機体の窓から見たヘルシンキ市

80.jpg

ヘルシンキ空港でエビサンドを食べる、おぃしゅうございました

81.jpg

日本訪問2017年5月 前編

やっと日本訪問の写真が整理できた。

5月1日アーランダ空港近くのホテルに一泊

1.jpg

5月2日ヘルシンキ経由で成田へ

3.jpg

5月3日ヘルシンキからはJALで。成田空港に着陸前

5.jpg

5月4日さっそく成田山新勝寺に行く

6.jpg

5月5日今日は公園廻り。新宿御苑と上野公園に行く

11.jpg

14.jpg

5月6日今日は宇都宮に移動。今回初めての駅弁

15.jpg

宇都宮と言えば餃子

17.jpg

こんなお店があった。栃木県では蛇も食べるのか?

18.jpg

5月7日日光に行く

20.jpg

21.jpg

日光から川越市に足を伸ばす

25.jpg

5月8日、今日は長距離で、行き先は函館。さっそく駅弁を購入

26.jpg

5月9日、函館で散歩。ラッキーピエロが有名らしいが、言われるほど美味しいとは思えない。

27.jpg

函館と言えば五稜郭。まだ桜が見れるかと思ったが、少し遅かった。写真はまだ花が咲いていた桜の木

28.jpg

29.jpg

5月10日、今日は札幌に移動、札幌は天気が悪かったので、あまり観光はできず

32.jpg

さっそくイカめしを

33.jpg

5月12日、一ノ関に移動。さっそくホタテ弁当を食べる。

36.jpg

5月13日、知りあいに会いに仙台へ。駅構内で牡蠣料理を食べる

37.jpg

5月14日、今日は一ノ関から米原に移動、発車の前に駅で写真を撮る

38.jpg

プロフィール

Taro

Author:Taro
OKUMURA CONSULTING社代表
Sweden

スウェーデンの社会政策などを日本に紹介する仕事をしています。
詳しいプロフィール

カウンター
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク