原発に対する世論

1980年に行われた原発に関する国民投票は日本でもよく知られているが、その後の変化はあまり知られていないようである。2009年2月の保守政権による合意によれば、エネルギー政策の原則は環境の維持、競争力、供給の安定性であり、原発に関しては「既存の原発が寿命を向かえるまで使用し、更新も認める。ただし新設は認めない」というものである。原発問題は時代の流れ、政党間の意見の違い、政治的妥協などがあり、外から見るほど一枚岩ではない。


nuclear power


2012年10月12日追加
上の図はヨーテボリ大学政治学科によって毎年行われている世論調査の結果である。調査が行われ始めた1986年から、原発の使用賛成派は増加、反対派は減少し、2002年からは賛成派は反対派を上回った。
2011年、原発賛成派が46%、反対派が36%で、前年度に比べて賛成派が減り、反対派が増えた。しかし依然として賛成派は反対派よりも10ポイント多く、これは2004年頃とほとんど変わらない。この変化は福島原発問題の影響であると思われるが、これが短期的なものか、長期的な影響であるのかはまだ不明である。
関連団体への信頼性を観ると、おもしろいことがわかる。前年度に比べて環境団体への信頼性が増えることは考えられることであるが、原発産業に対する信頼性は前年度と同じであり、国の監督機関への信頼性は若干増えていることである。なおジャーナリストに対する信頼性も増えている。しかし信頼性は年による変化が大きいので、もう少し詳細な分析が必要である。

関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【環境問題】

スウェーデンの世論1980年に行われた原発に関する国民投票は日本でもよく知られているが、その後の変化ないようである。2009年2月の保守政権による合意によれば、「既存の原発が寿命を向かえるまで使用し、更新も認める設は認めない」というものである。原発問題は時代の?...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Taro

Author:Taro
OKUMURA CONSULTING社代表
Sweden

スウェーデンの社会政策などを日本に紹介する仕事をしています。
詳しいプロフィール

カウンター
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク