監査の強化

90年代から社会政策面での(組織的および法律的)監査が強化されている。数年前には学校の監査を行う機関が学校庁とは別に設けられ、また社会保険監査庁も社会保険庁とは別に設けられた。監査に専従する機関が別に設けられるのは、内部組織では十分な監査が行えないということと、国と県行政庁との分担は非効率的であると考えられたからである(県行政庁は国の出先機関であるが、県令の指示を受ける)。
医療および福祉面では、数年前に県行政庁の福祉の監査が社会庁に移されて、社会庁の医療監査と統合された。そして今年6月から、医療・福祉監査庁(the Health and Social Care Inspectorate)として別組織として機能し始めた。これによって複数の組織ではなく、ひとつの全国組織になる。

2014/08/01追加
医療福祉監査庁は6つの地方事務所において職員650名が勤務している。このうち400名が監査官である。国の大きさを比べれば、いかに大きな組織であるかがわかる。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Taro

Author:Taro
OKUMURA CONSULTING社代表
Sweden

スウェーデンの社会政策などを日本に紹介する仕事をしています。
詳しいプロフィール

カウンター
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク