選手交代

 
 今年の11月から、地下鉄の運営会社が交代する。スウェーデンではバスや地下鉄などの公共交通は県が責任を負っている。しかしこれは県が運営しなければならないというのではなく、民間会社に委託されることが多い。ストックホルム県の地下鉄は10年間Veoliaという会社が運営していたが、今回新しく入札され、香港ベースのMTRという会社が入札を勝ち取った。入札額は25億クローナ(およそ300億円)で契約期間は8年(延長可能)である。職員は、そのまま新しい会社に移る権利がある。(2009年1月20日記)

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Taro

Author:Taro
OKUMURA CONSULTING社代表
Sweden

スウェーデンの社会政策などを日本に紹介する仕事をしています。
詳しいプロフィール

カウンター
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク