税制度(2009年現在)

所得税には国税と地方税がある。地方税(市の住民税と県民税)は課税所得額(=所得-基礎控除)に平均して約31,52%が課税される。国税は課税所得額が32万8800クロ-ナを越える分について20%課税され、さらに49万5000クロ-ナを越える分について5%課税される。この結果、一般所得者層は地方税のみを支払っている。
間接税として一番大きいのは消費税で普通は25%であるが、特例として食品などが12%、日刊新聞、交通、書籍、文化関係が6%となっている。なお公的教育、医療には消費税はかからない。
雇用主が支払う社会保険料は給与の31,42%で、社会保険の本人負担分は年金の自己負担分7%のみである。なお個人営業の場合の社会保険料は29,71%である。法人税は26,3%。
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【 税制度(2009年現在)】

所得税には国税と地方税がある。地方税(市の住民税と県民税)は課税所得額(=所得-基礎控除)に平均し所得額が32万8800クロ-ナを越える分について20%課税され、さらに49万5000クロ-ナを越える分について5%課税される。この結果、一般所得者層は地方税のみを支払って?...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Taro

Author:Taro
OKUMURA CONSULTING社代表
Sweden

スウェーデンの社会政策などを日本に紹介する仕事をしています。
詳しいプロフィール

カウンター
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク