医療を受ける権利

スウェーデンの医療は県によって運営され、県予算のうちおよそ90%が医療に使われている。保健医療法によって、県は県民に必要な医療を与えなければならない。このように、医療を受ける権利は住民であることで、受診の際には身分証明書を提示する。身分証明書は個人番号が書かれているが、住所などは書かれていない。個人番号によって本人の住所確認ができるからである。もし仮に、他の県で病気になって病院に行った場合どうするか。本人は何か特別なことをする必要はない。本人の住所を確認した病院は、その費用を本人の居住県に請求する。なお本人が支払うのは初診料のみで、風邪でも骨折でも同じ費用である。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Taro

Author:Taro
OKUMURA CONSULTING社代表
Sweden

スウェーデンの社会政策などを日本に紹介する仕事をしています。
詳しいプロフィール

カウンター
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク