事後検閲

今日の産経新聞にまた変な記事が載っている。

テレビやラジオの番組を「文化的資産」として国立国会図書館で収集・保存しようとの動きに、民放関係者は「公権力による事後検閲につながるとして、反対しているというのだ。
国会図書館に保存することがなぜ検閲あるいは公権力の圧力/介入につながるのか全然理解できない。「放送は(録画・録音で)固定されることを前提にしていない。ニュースを扱っていても新聞などとは違う」と主張しているらしいが、これは一言で言ってしまえば垂れ流ししてもその内容には一切責任を負わないということである。これが公共の電波を使っている民放の意見らしい。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Taro

Author:Taro
OKUMURA CONSULTING社代表
Sweden

スウェーデンの社会政策などを日本に紹介する仕事をしています。
詳しいプロフィール

カウンター
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク