スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情報リークとマスコミの責任

先日、日本の知りあいと話をしていて、行政の情報リークの話が出た。
マスコミは種々の情報源から情報を入手するが、常に情報が正しいとは限らない。このために異なった2箇所からの情報をチェックするとも言われている。取り扱いが難しいのは行政からの情報である。特に情報が一部の関係者にリークされる場合は難しい。仮に情報自体が正しくても、リークする意図がある場合が多い。マスコミは自分たちだけが得た情報だとして記事にするが、行政側のリークする意図に気づいていないか十分認識していない場合があるようである。問題なのは、これによって情報が客観性を失い、マスコミが行政のチェックという報道機関としての使命を忘れてしまうことである。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Taro

Author:Taro
OKUMURA CONSULTING社代表
Sweden

スウェーデンの社会政策などを日本に紹介する仕事をしています。
詳しいプロフィール

カウンター
検索フォーム
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。