個人情報の外部流出

新聞によると、また個人の医療情報が外部流出した。
「岐阜大(岐阜市柳戸)は27日、同大医学部付属病院の患者1824人分の個人情報などが入ったUSBメモリー1個が盗まれたと発表した。同大によると、22日午後8時ごろ、同大医学系研究科の大学院生の30代男性が、岐阜県瑞穂市内のパチンコ店駐車場に車を止めて約1時間後に戻ると、窓ガラスが割られ、USBメモリーなどの入ったカバンが盗まれていたという。ーーーーメモリーには85年から昨年までの同病院眼科の患者1824人分の名前と、手術データ2726件、患者ID、生年月日、視力に関する情報などが入っていた。ーーーー」

上記の事件はマイナンバーとは関係ないが、マイナンバー制度が導入されようとしている時に、あまりにも情報管理がお粗末である。不正使用がなくても、個人情報の外部流出そのものが問題で、謝罪して済む問題ではない。医療情報だけでなく個人情報一般の管理が適正に行われているか監査を行う独立機関を早く設置するべきである。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Taro

Author:Taro
OKUMURA CONSULTING社代表
Sweden

スウェーデンの社会政策などを日本に紹介する仕事をしています。
詳しいプロフィール

カウンター
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク