高齢者ケアの指導者教育

高齢者ケアの向上のために介護職だけではなく指導職の職員教育も重要である。今回、社会庁は大学と協力して指導職のための継続教育を行うことが決まった。対象は高齢者ケア分野のホームヘルプ責任者/施設長/医療責任看護師などで、2つのレベルから成り立っている。第1レベルは7,5単位、第2レベルは30単位である。なお大学の一学期の単位数は20単位である。インターネットを使用しての教育となる(スウェーデンは大学での継続教育が盛んであるが、この話題はまた別の機会に)。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Taro

Author:Taro
OKUMURA CONSULTING社代表
Sweden

スウェーデンの社会政策などを日本に紹介する仕事をしています。
詳しいプロフィール

カウンター
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク