スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後にストは回避された。

地方自治体の連合である地方自治体連盟と自治労職員組合(Kummunal)は賃金および労働条件などの交渉を行っていた。もし交渉が決裂すれば、明日からストになる予定であったが、日曜日午後についに合意がなされた。
賃金に関しては3年間で最低1700クローナの増額(労働組合の要求は1740クローナ、自治体連盟案は6,8%)で、今回の協約は37ヶ月間有効である。言い換えれば、3年間労使関係は安定しているということである。
Kommunalはおよそ35万人の現場職員(准看護師、ヘルパーなど)を組織していて、相対的に給与が低い職業に力を入れるという観点から%ではなく実額での給与増額を要求した。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Taro

Author:Taro
OKUMURA CONSULTING社代表
Sweden

スウェーデンの社会政策などを日本に紹介する仕事をしています。
詳しいプロフィール

カウンター
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。