より良い暮らし指標

各国の生活の豊かさを示す指標「より良い暮らし指標」がOECDから発表された。この指標は、住居、仕事、教育、健康など11の指標に分けて数値化しされたものである。
11項目の平均でトップはオーストラリアで、2位カナダ、3位スウェーデンで、日本はOECD加盟34か国中19位である。
それぞれの分野でどの様な指標を使うかによってこのようなランキングは異なってくるが、バランスの取れた分析であるように思える。

良い暮らし指標
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Taro

Author:Taro
OKUMURA CONSULTING社代表
Sweden

スウェーデンの社会政策などを日本に紹介する仕事をしています。
詳しいプロフィール

カウンター
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク