生活保護の申請

日本では生活保護申請の厳格化が話題になっているようである。スウェーデンではどうか調べてみた。
まず、社会サービス法において申請は必ず書面にて行われなければならないとは書かれていない。口頭での申請も可能である。しかし福祉事務所は申請内容のチェックを行う必要がある。このために最初の会合で提出する書類リストおよび申請書が前もって送られる。そして申請書にサインすることによって、申請者は申請内容に間違いはないこと、福祉事務所が他の公的機関から必要な情報を得ることを認める。
もし申請者が必要な情報/書類を提供しないあるいは他の行政機関とコンタクトすることを拒否するならば、福祉事務所は生活保護の申請を却下すべきであると、社会庁のガイドラインは述べている。

なお社会サービス法の適用はあくまで市が判断して行うもので、法律および社会庁の政令は守らなければならないが、市の判断責任から逃れられるものではない。社会庁の生活保護ガイドラインもそのような観点から書かれている。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Taro

Author:Taro
OKUMURA CONSULTING社代表
Sweden

スウェーデンの社会政策などを日本に紹介する仕事をしています。
詳しいプロフィール

カウンター
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク