医療情報の電子化

医療は各県によって運営されていて、各県が医療情報を提供し、予約などにインターネットが使われている。このたびこれが全国共通のポータル化されることになった。まずこのシステムを使ってできることは複数である。なお一部のサービスなどは電子証明書が必要で、すべての情報はカルテ法の適用を受ける。
1.ホームページを通じての一般的医療情報提供
2.電子メールで看護師に質問
3.電話で看護師に質問。
4.ホームページですべての地区診療所、救急科、病院、歯科、母子センターの住所、電話番号がわかる。
5.まだ部分的ではあるが、診療所などの顧客満足度などが比較できる。
6.診療予約、処方の更新
7.最近15ヶ月の処方箋を見る。
8.尿失禁、糖尿病における消耗品、処方に基づく栄養剤の注文。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Taro

Author:Taro
OKUMURA CONSULTING社代表
Sweden

スウェーデンの社会政策などを日本に紹介する仕事をしています。
詳しいプロフィール

カウンター
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク