年金額を減額?

日本でも知られているようにスウェーデンの年金制度には年金制度の安定のために自動均衡システムが含まれている。その年の支出が収入よりも多くなれば自動的に支出が減額される(現在は3年の平均値)。
今年は所得年金が2.7%減額されるが、大きな話題にはなっていない。まず所得年金は2.7%の減額、保障年金は0.2%の減額されるが、減税も行われる。またスウェーデンの社会保障上、重要なのは高齢者の住宅手当である。ある制限金額内において、年金などの収入が減れば住宅手当が増額される。
この結果、月あたりの年金額が2万クローナ以内の場合実収入は最高90クローナ増額になる。一方、2万クローナ以上の場合最高200クローナ減額になる。

年金制度の問題
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Taro

Author:Taro
OKUMURA CONSULTING社代表
Sweden

スウェーデンの社会政策などを日本に紹介する仕事をしています。
詳しいプロフィール

カウンター
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク