スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

離婚と子供の養育

スウェーデン人の離婚については、このブログでも書いたことがある。興味があるのは子供の養育である。最近公表された報告書によると、離婚した親の子供のおよそ3分の1は母親および父親の所にほぼ同じ日数暮らしている。そして母親と暮らしているのが50%強(一時的に父親のところで暮らすも含む)、父親と暮らしているのが10%弱である。子供は平均して母親の元で月に21日、父親の元で9日過ごしている。
養育費を見てみると、離婚に際し自主的に子供の養育費に関し合意をしたのがほぼ半数である。そうでない場合、社会保険庁の養育費の規定額を使っている。なおこの規定額は現在子供一人1273クローナ/月である。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Taro

Author:Taro
OKUMURA CONSULTING社代表
Sweden

スウェーデンの社会政策などを日本に紹介する仕事をしています。
詳しいプロフィール

カウンター
検索フォーム
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。