スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスコミの犯罪報道

「仕事柄」毎日、新聞をチェックしているが、いつも気になっていることがある。それは事件が起こったときのマスコミの報道の仕方である。今回、長崎県佐世保市で高校1年の女子生徒が殺害された。単純な殺害事件ではないので、事件について興味が高いのは理解できる。しかし理解できないのは、「捜査本部によれば」という言葉使い方である。捜査本部が毎日記者会見をしているようではないが、「捜査本部によれば加害者はこんなことを言った」とかの記事が載っている。どの様にしてこの情報を得ているのであろうか。捜査本部の刑事がその日の出来事をぺらぺらと記者に話しているのであろうか(そもそも全容が不明な状況においては、個々の情報の投げ売りは危険である)。まだ捜査中であり、捜査中の情報は秘密であると思う。秘密である情報を刑事が漏らせば、法律違反になるように思うのだが、これで刑事が罰せられたというのは聞いたことがない。本来、マスコミは権力のチェックのためにあるのであって、警察と仲良しになるためにあるのではない。危険なのは、これによってマスコミが結果的に情報操作される(する)ことである。

2014/08/02追加
産経新聞に次のような文章があった。
「父親の依頼で少女に接見した弁護士は7月31日、少女は父親の再婚に賛成だったと話した。それまで再婚への反発が原因で中3時に金属バットで父親を殴打したと受け止められていた。実母の一周忌を迎える前に再婚し、少女が「お母さんのこと何とも思っていないのかな」と話していたと多くのメディアが報じたからだ。接見と報道は内容が食い違い、動機の解明は捜査や家庭裁判所の調査に委ねられる。」

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「発表ジャーナリズム」「記者クラブ制度」「リーク」等の用語で検索されると良いのでは?
プロフィール

Taro

Author:Taro
OKUMURA CONSULTING社代表
Sweden

スウェーデンの社会政策などを日本に紹介する仕事をしています。
詳しいプロフィール

カウンター
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。