社民党の勝利?


2010年の選挙と比べた得票率と議席数の変化

得票率


日本のマスコミでは今回の選挙を「増税を掲げ、福祉国家の再建を訴えた中道左派の野党が勝利した」という表現を使っている記事が多い。しかし少し書き過ぎのような気がする。社民党党首が首相になるとみられているので、中道左派あるいは革新ブロックが勝利したと表現されているが、革新ブロックは得票率ではほぼ前回と同じ、議席数では3議席の増加である。一番大きな変化は穏健党の惨敗で、得票率では6.74ポイント減り、議席数では23議席の減少である。これに対して支持が増加したのは極右であるスウェーデン民主党で、得票率では7.16ポイント、議席数では29議席、ほぼ倍増している。また穏健党以外にも自由党やキリスト教民主党が1ポイント以上、得票率を減らしている。
革新ブロックの得票率が増えたので「勝利した」のではなく、保守中道ブロックの得票率が減少した結果、革新ブロックの得票率が保守中道ブロックを上回った。そして極右であるスウェーデン民主党が得票率をほぼ倍増させた(たとえばスウェーデン民主党の得票のうちおよそ3割は前回の選挙で穏健党に投票している)。このように革新ブロックの支持は増えたわけではないが、出口調査によると国民の平均的な政治的ポジション度は以前の選挙時よりも若干左寄りになった。

社民党を中心とした少数与党内閣になるとみられているが、政策の内容はまだ不明である。スウェーデン民主党の影響を避けるため保守党の支持も必要で、社民党の法人税やレストランの消費税などの増税案がどの様になるかまだ不明である。組閣してからの第一の関門は来年度の予算案である。

上記に述べたように「福祉国家の再建」あるいは「福祉の再建」という言葉がよく使われている。社民党と保守党では民営化など根本的な意見の違いがある分野も存在するが、どの政党が政権についても効率的な運営を行わなければならない。たとえば失業保険制度の厳格化は効率的な運営が目的で、単純に悪化とは言い切れない。社会状況も変化しているので、それぞれの対策も変化せざるを得ない。このような状況の中で、「悪化」、「再建」という言葉を使うのであれば、もう少し詳しい分析が必要である。あまりに単純に高福祉高負担という言葉を使っているように思う。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Taro

Author:Taro
OKUMURA CONSULTING社代表
Sweden

スウェーデンの社会政策などを日本に紹介する仕事をしています。
詳しいプロフィール

カウンター
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク