ノルウェーで働くスウェーデンの看護師

スウェーデンの看護師不足はよく話題になる。今日の新聞によれば、現在2500名が不足していると言われている。しかし事はそう単純ではない。現在、スウェーデンで看護師として働いている人はおよそ12万人で、4万5千人の看護師が職を去り、3万5千人が定年退職した。また1万2千人の看護師がノルウェーで働いている。
ノルウェーで働く人が増えているのは給与と労働環境がよいことである。スウェーデンで看護師の基本給は24000-25000クローナであるが、ノルウェーでは35000クローナのようである。ただこの記事にはノルウェーの物価が高いこと、税引き後にはどれだけ残るかが書かれていないので、ただ単純な基本給の比較だけでは十分ではない。一般的には、数年間ノルウェーで働いてその後スウェーデンに戻る人が多いようである。なお北欧諸国は自由労働市場を形成しているので、それぞれの国民は自由に働くことが出来る(ノルウェー語はかなりスウェーデン語に近いので、言語上の大きな問題はないようである)。
毎年およそ1000名の看護師がノルウェーの看護師資格を収得し、現在およそ2万4千人がノルウェーの看護師資格を持っているといわれている。このうちおよそ半分がノルウェーで働いているといわれている。同様にしておよそ8千名の助産婦のうち、1200名がノルウェーの助産婦資格を持っている。
新聞記事によれば、ノルウェーの看護師の年間初任給はおよそ32万ノルウェークローナ(nkr)(10年の経験後38万nkr)、一般看護師の初任給は37万ノルウェークローナ(10年の経験後42万5千nkr)、専門看護師の初任給はおよそ40万ノルウェークローナ(10年の経験後46万5千nkr)である。なおこの給与はオスロのある国立病院の数字である。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Taro

Author:Taro
OKUMURA CONSULTING社代表
Sweden

スウェーデンの社会政策などを日本に紹介する仕事をしています。
詳しいプロフィール

カウンター
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク