子供の扶養費

2015年12月現在、22万5千人の子供(の親)が社会保険庁から扶養給付を得ていた。なお扶養給付費の最高額は月に1573クローナである。同時に扶養費の計算が正確に行われるならば、離婚した親からより多くの扶養費が得られると社会保険庁は指摘している。
扶養費の計算方式がアップされていた。数字は月あたりである。なお親の余剰額は個人によって異なる。
子供の必要額 3750クローナ
父親の(生活費を越える)余剰額 17341クローナ
母親の余剰額 7006クローナ
両親の余剰額合計 24347クローナ
養育費 2671=3750x17341/24347

これは母親が父親から得られる養育費は、子供の必要額に両親の余剰額に対する父親の余剰額の割合をかけた額になる。これを元にまず自主的な扶養費支払いの計算をして欲しいということである。

なお扶養給付費最高額1573クローナは社会保険庁によって支払われるが、父親はこの全額あるいは一部を社会保険庁に支払わなければならない。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Taro

Author:Taro
OKUMURA CONSULTING社代表
Sweden

スウェーデンの社会政策などを日本に紹介する仕事をしています。
詳しいプロフィール

カウンター
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク