「いい加減はよい加減」? コメント

朝日新聞の記事に関してコメントを書いたが、新聞の記事とコメントについてグループホームを運営している知りあいがコメントを寄せてくれたので、本人の了承を得て載せます。

以下引用

=元の朝日の記事へのコメント=
一読して、1995年に初めて北欧の現場を見た時の印象によく似たものでした。
夜間の排せつ介助回数はいくらなのかって質問したことを思い出します。

ただ、日本の介護現場の状況は、むしろイーヴァル ロー=ヨハンソンが取り上げた内容そのものであることに気がついていないのではないか?決められた身体介護それも入浴、排せつ、食事介助に翻弄されている現場を示しているに過ぎない。
その間隙には何があるか、何もないテーブルに向かって、じっと座っているだけ、その間、どんどん認知症が進んでいく。日本の施設介護は個人の残存能力を毎日毎日削っている事実、過去から今に至る現実を見ていない。

「日本人は、スウェーデンの高齢者福祉をバラ色に描きがちだが、光と影がある」

ある意味、事実だろう。1940年代、1950年代は影であろう。でも、すべてが影かというと、そうではなかったのと同様に、現代でも、影の部分がないわけではない。しかし、質の向上を目指すシステムを持っている。

時間毎にたたき起こして、オムツを開け、パッドだけを引き剥がしていく日本の介護現場がいまだに光と思っている人には理解が不能であろう。

=太郎のスウェーデン便りへのコメント=
専門家でもないので系統的な分析ができないのは当たり前で、記者だったら調べて書くのが当然であるというのはわかるが、記者であろうがなかろうが、誹謗中傷を含めて自由となっているネット世界ではその批判の仕方は言い得ていても通用しないのではなかろうか。したがって、言い伝え、誰かがこう言っていたといううわさの流布にしか過ぎないのだろう。

北欧バッシングのひとつで、それをすることで日本の福祉現場の貧困さを覆い隠すためだけに有効なのだろう。昔、北欧の自殺率が高いといううわさの流布とそれほど変わらない気がする。

引用終わり
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Taro

Author:Taro
OKUMURA CONSULTING社代表
Sweden

スウェーデンの社会政策などを日本に紹介する仕事をしています。
詳しいプロフィール

カウンター
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク