高校生のアルバイト

夏休みに働くというのは、スウェーデンの高校生にとって重要で、市も重要視している。夏のアルバイトが生徒の初めての就労経験で、自分の収入を得ることができる。本人がアルバイトを自主的に見つけるが、市も就労援助を行っている。例えばストックホルム市ではこの夏に8千人分のアルバイトを作り出した。大抵の場合、公園の管理、高齢者ケア、保育分野などでのアルバイトを3週間行う。給与は年齢ごとに異なり、16歳児で1時間当たり83.5クローナ、19歳児は122クローナである。もちろんこれらの収入は課税されるが、年間収入が1万8千クローナに達しないと思われる場合は国税庁に源泉徴収額の免除あるいは減額を申請する。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Taro

Author:Taro
OKUMURA CONSULTING社代表
Sweden

スウェーデンの社会政策などを日本に紹介する仕事をしています。
詳しいプロフィール

カウンター
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク