スウェーデンの難民問題

こんな記事が載っていたが、おかしなところがいくつかあるので調べてみた。ストックホルム郊外のクニューブシュタ(Knivsta)の例が挙げられているが数字がおかしい。統計庁の数字によると、この市の人口増加率は2.7%(2016年)であり、4.7%ではない(再チェックの結果、4.7%という数字は2015年度であることが分かった)。「2015年にスウェーデン入りした移民者は約16万3千人に上がった」と書かれているが、これは大きな誤解である。これは難民申請者の人数であって、移民者の人数ではない。移民統計と出入国管理統計は異なる。

念のため、人口の全国統計を調べてみた。2015年の人口増加はおよそ10万人で、このうち自然増加は2万4千人で、残りが移民超過ということになる。この年の難民申請者はおよそ16万3千人であるが、難民申請者は人口には含まれない。2016年の人口増加は14万4千人で、これは今までで最高の数字である。自然増加はこの20年間で最大であるが、一番人口増加に寄与したのは移民超過数がおよそ12万人になったことである。これは前年度の難民申請の認定結果であろうと思われる。2016年の移民者数はおよそ16万人なので、2015年度の難民申請者数と2016年度の移民者数を混同された可能性はある。
2016年度の移民者数のうち、第1位はシリア生まれでおよそ5万2千人である。第2位はスウェーデン生まれで、およそ1万5千人である。そのほとんどが就労あるいは留学であると思われる。たとえばノルウェーに住んでいたスウェーデン生まれの人2500人、イギリスに住んでいたスウェーデン生まれの人1300人がスウェーデンに戻っていて、統計上は移民者である。そして第3位はエリトリア生まれ6600人、第4位ポーランド生まれ5000人、第5位イラク生まれ4900人で、第9位にフィンランド生まれ3000人、10位ドイツ生まれ2700人と続く。移民者数が急増したのはシリアおよびエチオピアである。

また失業率の数字はほぼ正しいが、失業統計においては移民という言葉は使われていない。外国生まれが使われている(なお難民申請者は働くことができるが、人口に含まれないので失業統計にも含まれない)。そして欧州では失業統計の対象は15-74歳である。なお経済が好調なので、移民者あるいは外国生まれの就労状況は改善され、失業率も低くなっている。
難民の受け入れ体制および滞在を認められた難民の就労、統合問題は現在の一番大きな問題であるが、もう少し正確な記事を書いて欲しい。数字は古いし、言葉の使い方が不正確である。第1次資料を使って書かれた記事には思えない。

なおこのブログに何回も書いているが、移民者という言葉は不正確な言葉であるとして行政用語としてはあまり使われない。しかしこれに関連する用語は3つある。まず外国籍の者、外国生まれの者、外国の背景のある者である。外国の背景のある者とは外国生まれおよびスウェーデン生まれであるが、両親が外国生まれである者を指す。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Taro

Author:Taro
OKUMURA CONSULTING社代表
Sweden

スウェーデンの社会政策などを日本に紹介する仕事をしています。
詳しいプロフィール

カウンター
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク